GoogleMap

【GoogleMAP】グーグルマップをオフラインで使う方法

悩んでる人
Googleマップをオフラインで使う方法が知りたい!
オフラインで使う方法は簡単です!分かりやすく解説します。
教える人



この記事でわかること

  • 「オフラインマップ」とは?
  • どういう時に便利なの?
  • オフラインマップの使い方と注意点

「使い方だけ早く知りたい!」という人はこちらでジャンプ



オフラインマップとは?

Googleマップの「オフラインマップ」では、事前にオンライン環境で地図データをダウンロードしておくことでオフラインでもマップ使えるようになる、とても便利な機能です。


教える人
例えば、こんな場面で便利ですよ



<圏外や通信環境の悪い場所>

イメージ

例えば、海外旅先や、山登りや海釣りなどアウトドアなど、通信インフラの整っていない地域でも、事前に地図データをダウンロードしておけば安心してマップを見ながら行動することができます。


<機内モードの時>

イメージ

例えば、強制的にオフラインになる機内モードの時でも、事前に地図データをダウンロードしたマップを確認することができます。

飛行機の中にいながら、目的地周辺のマップを確認したり、行動プランを考えたり、空き時間を有効に使う事ができます。


<通信速度制限されている時、通信量を節約したい時>

イメージ

通常のオンラインマップでは、通信量を多く消費してしまいます。

そのため、通信制限されている人や、通信量を節約したい人にはオフラインマップを使用する事で、通信に関するストレスなくマップを使用できるのでオススメです。



手順解説)マップデータをダウンロードする

教える人
まずは地図データをダウンロードしましょう!流れはこんな感じです。



  • step.1

    メニューから「オフラインマップ」を開く


  • step.2

    ダウンロードしたい範囲を選択


  • step.3

    ダウンロード開始


 

※ダウンロードには通信量を消費するので、Wi-Fi環境でダウンロードすることをオススメします。






メニューから「オフラインマップ」を開く

①画面右上のアカウントアイコンをタップ
②「オフラインマップ」をタップ
③「自分の地図を選択」をタップ


ダウンロードしたい範囲を選択

①範囲を選択して「ダウンロード」をタップ
②地図名を変更したい時は地図名をタップ
③名前を変更したら「保存」をタップ


無事にダウンロードできたら以下のように表示されます。



手順解説)オフラインマップを使う

オフラインマップは、インターネット環境がない状況でもマップの閲覧や経路検索、ナビ、スポット検索などができます。

また、ダウンロードしたマップデータを毎回開いたりすることは必要なく、データ通信がオフライン状態の時やインターネット接続が遅い環境で自動的に適用されます

基本的な使い方はオンラインマップ時とほぼ同じです。




目的地(場所)を検索する

①目的地を入力し、「経路」をタップ
②オフライン状態でもナビ開始できます



オフラインマップの注意点

オンライン時と比べると、施設情報(口コミ、写真)などが制限される

例:「東京ドーム」を検索した時の「普通のマップとオフラインマップの違い」


ナビで使えるのは車ルートのみ(公共交通機関や徒歩ルールは使用不可)

下図のように、車ルート以外のナビ検索は使用できません。


マップデータは保存容量を消費する

ダウンロードしたデータはスマホの保存容量を消費しますので、使用しないマップデータは削除することをオススメします。





今回の記事が参考になれば幸いです!





\ Googleを使いこなすオススメ本 /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

RYO

福岡出身34歳|10年越え中堅サラリーマン|WEB制作や Excel,Accessなどが得意|趣味のカメラは歴10年|動画編集も得意|保有資格|MOSマスター|SEO検定全級(1〜4級)|ITパスポートなど|現在、自身の知見や趣味に関する記事執筆をコツコツと行っている。

-GoogleMap
-