GoogleMap Excel

【Google】グーグルマップにエクセルデータをインポートする方法

悩んでる人
エクセルの住所データを元にGoogleマップに目印を表示させることはできるの?
できますよ!大量のデータを一度にまとめてマーキングできます!
教える人


今回作りたいのはこんなイメージ↓

完成イメージ


マイマップ機能を使う

複数のマーキングをまとめて行いたい場合は「マイマップ」というグーグルマップの機能を使います。

「マイマップ機能」とは、自分が気になった場所や行きたいスポットをマップ上にマーキングし、保存できるGoogleマップ機能の1つです。要するにオリジナルマップのことです。

例えば、旅行に行くときなんかは、地図上に事前にマーキングしておけば目的地の位置関係や距離感を把握ができるので便利です。

参考に、私が台湾旅行に行ったときに作ったマイマップがこちらです↓

マイマップを使うメリット

  • オリジナルマップが作れる
  • Excelなどで用意したファイルをインポート出来る
  • 誰でも無料
  • メモや画像の情報追加可能
  • アイコンの色や形のカスタマイズもできる


マーキング前に準備すること

先に言っておきますが、今回の記事で説明するのは「複数マーキングを一気に行う方法」です。マーキング1個や2個の場合は簡単な方法(基本編)で十分だと思います。

事前準備1)グーグルアカウント作成

マイマップ機能を使うためにはグーグルアカウントが必要です。

無料で簡単に作成できますので、事前に作成しておきましょう。
Googleアカウント作成方法>

すでにお持ちの方は次へ進んでください。

事前準備2)住所データの準備

ここでいう「住所データ」とは、

マーキングしたい住所や施設名が入力されたデータファイルのことを指します。(このファイルをGoogleマップにインポートすることになります)

教える人
今回はこのようなExcelデータを使用します

インポートするデータのイメージ



教える人
使用できるデータにはいくつかルールがあります。
確認しておきましょう↓


使用できるファイル形式

  • CSV / TSV / KML / KMZ / GP/ XLSX
  • Google スプレッドシート
    Google ドライブまたは Google フォトに保存された写真

データ容量

  • 最大サイズは 40 MB
  • KMLのみ最大サイズ5 MB

インポートデータ作成時の注意点

  • 1行目は必ずタイトルを設定する
  • 下記いずれかの位置情報を入れる
    ・住所
    ・緯度経度
    ・場所の名前 
  • xlsxファイルなどは2,000行まで
    写真は最大100枚まで
インポートするデータの条件

教える人
以上で、下準備は終わりです

 

マーキング実行手順

ここからは実際にマーキングを行う手順です。下記に従って作業を行なってください。

Googleマップにログイン 

マイマップを作成

左上の三連マークをクリック

「マイプレイス」をクリック

「地図を作成」をクリック

「インポート」をクリック

「デバイスのファイルを選択」をクリック
またはデータをドラッグ

対象ファイルを選択

場所を表す項目を選択

マーキングの名前となる項目を選択



見た目をカスタマイズしたい

マーキングの色やアイコンは自由に変更できます

カスタマイズの際は、2通りの方法があります。

  • すべてのマーキングを「一括変更」
  • 「特定の箇所」だけ変更



❶ 一括変更したい場合

マーキング色の変更

「均一スタイル」を選びます。
「均一スタイル」=「一括変更」の意味

好きな色を選びましょう。これだけです。

アイコンの変更

同じく「均一スタイル」にしておきます

好きなアイコンを選びます。これだけです。

❷ 特定箇所だけ変更したい場合


「均一スタイル」→「個別スタイル」に変更するだけです。その手順は以下の通り。

クリック
クリック

「個別スタイル」を選ぶ

個別スタイルを選ぶ

変更したい住所を選びます

クリック
好きな色とアイコンを選ぶ
変更完了

いかがでしたか?

今回はGoogleマップに複数マーキングする方法を解説しました。

慣れてしまえばとても簡単ですので色々な場面でご活用ください。

最後に、「個人情報」が入ったマップは当人の許可なしに絶対に公開しないよう注意してくださいね。

-GoogleMap, Excel
-,