diary

楽天銀行フリーケアプログラムのデメリットとメリットを解説

こんにちはRYOです!

先日、楽天銀行から

「フリーケア・プログラム」に加入しませんか?という内容の封封書が届きました。

そこで今回は「フリーケア・プログラムって何?」という方のために簡単にまとめました。

参考になれば幸いです。



この記事でわかること

  • フリーケアプログラムとは?
  • なぜ届いたのか?
  • メリット・デメリットは?
  • 結局どうすればいいの?

届いた封筒の中身は?

今回届いた封筒がこれ↓

届いた封筒
封筒の中身
RYO
何やら色々書かれていますが、簡単に言うとこういうことです↓
  • 交通事故入院5日以上の場合、
    入院一時金3万もらえます
  • 無料で3年加入できる
  • それ以外に追加補償も色々ある
  • 追加補償に入りたい時は
    別途料金が必要



フリーケアプログラムとは?

フリーケアプログラムとは

「フリーケア・プログラム」とは、「チューリッヒ保険会社」が提供している個人向け保険商品です。

チューリッヒはさまざまな企業と提携し、「各提携先企業の会員」に対して自社保険の案内を行っています。

私は楽天銀行会員なので、封書が届いたというわけです。

主な提携先

  • エポスカード
  • ジェーシービー
  • 全日本空輸
  • JALカード
  • 三井住友銀行
  • 楽天カード
  • ヤフー

無料補償が提供できる理由

無料補償ができる理由

フリーケア・プログラムは完全無料です。本来お金がかかるはずの保険に、なぜ無料で加入できるのでしょうか?


チューリッヒは会員情報が欲しい

楽天銀行からチューリッヒに会員情報を流すことはしませんが、

顧客自身が無料保険に申し込んだ場合、チューリッヒは合法的に「会員情報」を得ることができます

保険会社は営業拡大に必要な会員情報を喉から手が出るほど欲しているので、保険の無料提供と引き換えに、個人情報を得ようとしているのです。


無料補償の内容は?

無料補償の内容は?

無料保険は補償範囲が狭い

補償内容の詳細は、チューリッヒや楽天銀行の公式サイトで公開されていませんが、

フリーケア・プログラムでは、主に「交通事故でのケガ」や「入院」を補償します

気になることがあれば、DMに記載されている専用のフリーダイヤルに連絡をしましょう。

ちなみに、無料保険は一般的に補償金額が少ないのも特徴です。


加入のメリット・デメリットは?

メリットとデメリット

無料で保険金がもらえなら、メリットしかないんじゃない?と思いますが、実はデメリットもあります。

むしろ個人的には「デメリット」の方が大きいんじゃないか?と思っています。


メリット

無料

最大のメリットはこれでしょう。無料なので、基本的にお金がかかることはありません。

有料更新がないので安心

保険満期が来ても、勝手に有料プランに更新されることはありませんので、ご安心ください。



デメリット

補償内容が限定的

現在は医療技術がかなり進歩しています。交通事故で5日以上入院することはとても稀なケースで、そもそも該当することが少ない保険内容になっています。

個人情報が取られる

保険加入した時点で、加入依頼に記入した個人情報は保険会社に渡ることになります。個人情報が渡れば、今後は保険会社からDMが送られてくるようになるでしょう。

もっとお得な保険がある

5日以上も入院したのに、保険金が3万円というのは心もとない。だったら、安い保険金で1日目からもっと高い保険金がおりる商品があるはずです。

また、事故による怪我しか補償されず、病気は含まれないので、その点を考えても、もっとお得な保険が他にたくさんあるでしょう。


まとめ

「フリーケア・プログラム」とは完全無料で加入できる保険です。

無料なのはいいことですが、補償内容はとても限定的で、全てのケガや事故が必ず補償対象になるとは限りません。

メリット・デメリットに対する考え方は、人それぞれだと思います。

よく考えた上で加入検討をしましょう。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

RYO

福岡出身34歳|10年越え中堅サラリーマン|WEB制作や Excel,Accessなどが得意|趣味のカメラは歴10年|動画編集も得意|保有資格|MOSマスター|SEO検定全級(1〜4級)|ITパスポートなど|現在、自身の知見や趣味に関する記事執筆をコツコツと行っている。

-diary