Excel

【Excel】パワークエリを使って時間表記を10進数に自動変換する方法(例:8:15→8.25)

10進数とは?

会社で勤怠管理をする場合、時間の表記に「10進数」を用いることが多いです。


例えば、8時間15分の場合、「8:15」ではなく「8.25」となります。

他にも

8時間30分→「8.50」
8時間45分→「8.75」

といったように表現し、これら表現の仕方を「10進数」と呼びます。

今回は「時間を10進数にする方法」を解説します。


パワークエリを使って10進数に変換する方法

今回紹介するのはパワークエリを使って、時間表記を10進数に変換させる方法です。

パワークエリを使用せずにシート上で10進数に変換する方法を知りたい方は別記事で紹介していますので、そちらをご参考ください。



今回やりたいこと


変換前のデータは、下記のようなCSVファイルです。

D列~G列の時間表記を10進数に変換したいと思います。

今回は元データがCSVファイルの場合で手順解説していますが、基本的にどんな形式のファイルでも使える手順です。


手順解説

データの取り込み

教える人
まずは、変換したいCSVデータをパワークエリに取り込みましょう!


[データ]→[データの取得]→[ファイルから]→[テキストまたはCSVから]の順にクリック


対象のCSVファイルを選択して[インポート]をクリック


データのプレビューが表示されたら、「データの変換」をクリック

すると、PowerQueryエディター画面が開かれます

無事にデータを取り込むことができました!


データを変換、削除

教える人
取り込んだデータを、加工していきましょう!


10進数に変更したい列のヘッダーにあるアイコンをクリックし、データ型を「期間」に変更します

ここでデータ型を「期間」に変更するのがポイントです。


「現在のものを置換」をクリック


[列の追加]→[カスタム列]をクリック


❶追加列の名前を入力
❷変換したい列タイトルを選択
❸「挿入」をクリック
❹末尾に「*24」と入力
❺「OK」をクリック

データを24倍しているのがポイントです。


変換データが新しい列として追加された

この段階では、まだ10進数に変換されていません。


先ほど追加した列のデータ型を「10進数」に変更する


10進数に変換された!


残りの、「実働時間」「所定内労働」「法定休日労働」も同じ手順で10進数に変換します。


変換前のデータが必要なければ、Shiftキーを押しながら複数列を選択し右クリック→「列の削除」をクリック


不要な列が削除され、必要なデータ列だけになった

以上で、取り込んだデータの加工が終わりました。続いて、出来上がったデータをExcelシート上に取り出してゆきます!

データを取り出す

教える人
データの加工が終わったら、あとはExcelシートに表示させるだけですね!


「閉じで読み込む」をクリックします


すると、Excelシートに先ほど編集したデータが表示されます


このままだと、桁数が統一されていないので見栄えが良くありません。下記手順で手直ししましょう。





いかがでしたか?

今回は「パワークエリを使った時刻の10進数変換」について解説しました。

あまり書籍にも載っていない内容なので、どこかでお役に立てると嬉しいです!




パワークエリを使わずに10進数に変換する方法もあります

合わせて読みたい

-Excel
-,