Excel

【Excel】時間表記を10進数に変換する方法(例:8時15分→8.25)

10進数とは?

会社で勤怠管理をする場合、時間の表記に「10進数」を用いることが多いです。例えば、8時間15分の場合、8:15とは書きません。
「8時間15分→8.25」とします。

8時間30分→「8.50」
8時間45分→「8.75」

といったように表現します。

このような「8.50」や「8.25」といった表現の仕方を「10進数」と呼びます。

今回は「時間を10進数にする方法」を解説します。


時間の本性「シリアル値」を理解する

我々が普段Excelで見ている時間は、実は裏側でシリアル値として管理されています。24時間でシリアル値は「1」と決まっています

なので、表向きには「0:00」と見えていても、Excelはシリアル値「1」として認識しています。

参考に、下図をご覧ください。左側の列が時間、右側の列がシリアル値変換後の数値です。

このように目で見えているのは「時間」でも、裏側では「シリアル値」として認識されています。

Excelが時間を足したり引いたりできるのは、裏側でシリアル値で計算しているからなのです。

上図の通り、24時間でシリアル値は「1」となります。なので、半分の12時間で「0.5」です。

では、8:15の場合はどうでしょう?

8:15をシリアル値で表すと「0.3437」となりますので、上記のルールに従えばシリアル値を24倍し、時間に変換します。

0.3437×24=8.25 となります。


エクセルで時間を10進数に変換する方法

下図のように、I列に10進数に変換した数値を入力したい場合

手順解説


時間を24倍する計算式を入力

書式設定が「標準」だと「12:00」となります。

書式設定を「数値」に変更します。

すると、10進数の7.5に変わりました。


教える人
時間を24倍し、書式を「数値」にするだけですね!
合わせて読みたい



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

RYO

福岡出身34歳|10年越え中堅サラリーマン|WEB制作や Excel,Accessなどが得意|趣味のカメラは歴10年|動画編集も得意|保有資格|MOSマスター|SEO検定全級(1〜4級)|ITパスポートなど|現在、自身の知見や趣味に関する記事執筆をコツコツと行っている。

-Excel
-