Excel

【Excel】パワークエリで6桁の文字列を日付形式に変換する方法

今回やりたいこと

6ケタ文字列の年月日を、日付形式に変換する方法について解説します。
2分あれば誰でもできます。



別記事で「8桁の文字列を日付形式に変換する方法」も解説しています。




手順解説

元データの準備

教える人
まずは、変換させたいデータを準備しましょう!今回は6桁文字列の年月日データでしたね。


下記の手順で、まずはデータをテーブル化します。

❶「Ctrl+Aキー」で表全体を選択後、 「Ctrl+Tキー」でテーブルの作成ダイアログを表示
❷表の中に見出しがある場合は、「先頭行をテーブルの~」にチェックを入れ、OKクリック



テーブルができました。



元データをパワークエリに取り込む

教える人
先ほど準備した元データ(今回はテーブル)を、パワークエリに取り込みましょう!


[データ]タブ→[テーブルまたは範囲から]を選択


パワークエリエディターが表示され、無事にテーブルが取り込まれたことを確認します。


取り込んだデータを加工する

教える人
ここからは、データを加工してゆきます!


「221001」という単なる文字列のままではExcelは年月日として認識してくれません。

なので、

「221001」→「20221001」と頭に20を加えることで日付として認識させます。

日付列を選択した状態で、[変換][書式][プレフィックスの追加]の順にクリック


「20(※西暦の頭2文字)」と入力後、OKをクリック

頭に「20」が追加され、8桁の年月日になりました。



見出し名に横にあるアイコンをクリックし、「日付」を選択


無事に8桁の日付に変換できました



データを取り出す

教える人
データの加工が終わったら、あとはExcelシートに表示させるだけですね!


「閉じで読み込む」をクリックします


すると、Excelシートに先ほど編集したデータが表示されます






いかがでしたか?

今回は「パワークエリで6桁の文字列を日付形式に変換する方法」について解説しました。

あまり書籍にも載っていない内容なので、どこかでお役に立てると嬉しいです!





教える人
パワークエリを基礎から学びたい方にはこちらの本がオススメです♪




合わせて読みたい
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

RYO

福岡出身34歳|10年越え中堅サラリーマン|WEB制作や Excel,Accessなどが得意|趣味のカメラは歴10年|動画編集も得意|保有資格|MOSマスター|SEO検定全級(1〜4級)|ITパスポートなど|現在、自身の知見や趣味に関する記事執筆をコツコツと行っている。

-Excel
-,